Label: R2 Records
Format: DIGITAL
Release Date: 19th February 2016

R2 Records are happy to present the first full-length project from Karizma’s alter ego Kaytronik.

From his earliest days as part of Baltimore’s premier crew - The Basement Boys - Kris Klayton was never one to stay in a musical box, always probing beyond the constraints of the soulful house domain.

His Kaytronik persona, (previously reserved for remixes of other artists and a single on Atjazz Recordings) has allowed him greater freedom to explore beat syncopation, mood and impassioned expression further with an album that showcases his ability to work at any tempo, with a variety of styles, but always with the emotional content intact.

“State We In” is the first single taken from the album, a hard driving groove punctuated by a harder hitting narrative on the current disarray in the world as a whole, and the U.S. specifically.

The package also includes “I Say”, a straight up club banger to help shake off the tension.

Both tracks taken from the full length “Thee Album”- out on 4th March.

レーベル: R2 Records
フォーマット: デジタル
リリース日: 2016年2月19日

R2レコードがKarizmaのKaytronik名義での完全アルバムをリリースすることを発表。
ボルチモアのプレミア・プロダクション・クルーである、The Basement Boys (ベースメント・ボーイズ)に所属していた時代からも、

音楽ジャンルにとらわれずソウルフルなハウスを超えた領域にリーチしてきたKris Klayton(クリス・クレイトン)。

これまでは、他のアーチストのリミックスやAtjazz RecordingsレーベルからのシングルだけでKaytronik名義での作品を発表してきたが、
さらに、ビートシンコペーション、ムードや情熱的な表現を探求し、どんなテンポや多様なスタイルにも対応した感情的な曲を作り出し、
本アルバムを発表する運びとなった。

”State We In”はそのアルバムから発表されるファーストシングルで、
近年、問題化されている世界、特にアメリカでの無秩序な出来事を語るナレーションにハードなグルーブのあるサウンドを重ねた作品となっている。

このシングルには”I Say”が含まれ、そんな問題で高まるテンションをダンスフロアで解放できるような作品だ。

これらの作品はフルアルバム、”Thee Album (ディー アルバム)"に含まれ、全世界では3月4日に発売開始され、日本限定版セットの3曲のボーナス・トラック付きはDisk Unionのみにて2月24日から先行発売され、その他のお店では3月9日が発売日となっている。

FOLLOW US

NEW SINGLE

02/19/2016

“Sick! Thank you!” – Giles Peterson, Brownswood Recordings

“Hot like mountain lava!!!” – Mad Mats, Local Talk

“Good to see K back at it. Liking and trying both tracks!!” – Ralf Gum, GOGO Music Label

Also Featured in…

  • www.renight.com
  • martin-lodge
  • rocco
  • mucho-soul
  • back-corner-radio
  • music-is-my-sanctuary

DiskUnionにて発売中

 

【商品レビュー】

 

ムーディーマンやセオ・パリッシュ、そしてJ・ディラにも匹敵するブラックネス…デトロイト並に”黒い”サウンドを奏でるボルチモア・シーンの英雄カリズマが、ケイトロニック名義で初となるフル・アルバムをリリース!

 

ボルティモアを代表するクルー:ザ・ベースメント・ボーイズの一員として90年代初頭のハウス・シーンに旋風を巻き起こし、その後ソロでもプロデューサー/DJとしてクラブ・シーンで活躍するカリズマ。

 

特にそのプロデュース・ワークは、単なるハウス・ミュージックに囚われず、ヒップホップやディスコ、ジャズ、ファンク、ソウルetcを飲み込んだ恐ろしいほどのブラックネスを孕んだサウンドを生み出し、ムーディーマンやセオ・パリッシュ、そしてJ・ディラにも匹敵する”黒さ”を持った数少ない本物の「ブラック・マシーン・ミュージック」の担い手として、その名の通りカリスマ的な人気を誇る。

 

そんな彼が持つ数多ある名義のうちのひとつ、ケイトロニックとして、遂に初となるフル・アルバムをR2 Recordsよりリリース!!!

 

幕開けの(1)からいきなりJ・ディラを彷彿させるベースがブリブリなヒップホップ・ビートでアルバムの期待を最高潮に煽り、続く(2)はムーディーマン~トラスミーにも通じるミニマルなサンプリング・コラージュが得も言われぬソウル・グルーヴを演出、トライバルなアフロ・ディスコでぐいぐい攻める(4)が始まるやいなや、ここまでで既に「傑作」と確信すること必至!!

 

その後も、再び低音過多なヒップホップ・ビートの(5)(8)(9)(13)、シカゴのジューク・マナーなヴォーカル・サンプリングを用いたブーティーでナスティーなハウス(6)(10)、IGカルチャーばりにアフロ・ブロークンビーツな(7)、透明感溢れるシンセに包まれた極上ディープ・ハウスの(12)、00年代初期頃のムーディーマン・テイストなディスコ・ハウス感漂う(14)、ジューク/フットワークをジャジーに仕立てた(16)、アフロ・テクノに回帰するアルバム・クローザーの(17)まで、とにかく予測不可能!!

 

ジャンルでのカテゴライズは一切無意味。断言できることは、とにかく”黒い”、それだけ。これは近年稀に見る、正真正銘の「ブラック・マシーン・ミュージック」!!!

 

【ソングリスト】

 

Distributor: Ultra-Vybe, Inc.

BIOGRAPHY

Karizma Real Name: Kris Klayton is an award winning International DJ and electronic music producer/artist from Baltimore, MD, USA, known for his wide genre of music production in deep house, deep techno, hip hop, jazz and broken beats, and his ability to master Pioneer Corporation’s CDJ-2000 and DJM 2000 being sponsored by Pioneer Pro DJ Japan in 2010.

“When he’s producing music, Klayton uses a number of aliases. As Kaytronik, he turns out records that are a bit darker, with menacing electronic tones; as K2, he creates buoyant reëdits of R. & B. songs. But as a d.j. he brings all of these characters into the booth with him.”

The New Yorker

Karizma co-founded the mighty Unruly Records imprint alongside Scottie B and Shawn Caesar, before joining the production powerhouse that was Basement Boys. Ever since 1995’s ‘Feel The Power’ 12″, Karizma has carved out a hugely successful career, making music that is hooky and immediate enough to appeal to a commercial audience without compromising its underground attitude. Over the years he has released records on labels as diverse as Defected, Strictly Rhythm, his own Kohesive Recordings, and eventually finding a home with R2 Records. It was through this imprint that he released the 2007 LP “A Mind Of Its Own” and its 2009 “Upgrade”, as well as irresistible singles like ‘Neccessarry Maddness’ and ‘Groove A ‘K’ Ordingly’, which were said to be one of the greatest house tracks of the last ten years (Fact Magazine).

Karizma’s third solo album “Wall of Sound” was released in 2013 and it ranked in Top 10 immediately after its release, and remained for the following 6 months (Kaytronik.com). Karizma’s Kaytronik Ruff Kut Mix of “Sunday Morning” of Seven Davis Jr was also selected on Defected presents Most Rated 2016 that we can expect a great response to the upcoming release of the “Kaytronik Thee Album” on R2 Records.

[/vc_column_inner][/vc_row_inner]
[/vc_column][/vc_row]

UPCOMING

KAYTRONIK "THEE ALBUM"

RELEASE PARTIES

  • No upcoming events scheduled yet. Stay tuned!

CONTACT

R2-records

LABEL

Kyri @

R2 Records

connected-talent

BOOKING

Dan Kiery @

Connected Talent

SEND US

A MESSAGE

Your Name (required)

Your Email (required)

Subject

Your Message